小林虎三郎の略年譜


文政11(1828)8月18日
小林又兵衛親真(号、誠斎)、久の三男として生まれる。

文政12(1829)
父、小林又兵衛藩校崇徳館の助教となる。

天保7(1836)
父、小林又兵衛新潟町奉行となる。

天保9(1838)閏4月
佐久間象山、越後に北遊、新潟で、新潟町奉行であった小林又兵衛と出会う。

天保14(1843)6月
長岡藩領、新潟浜村600石幕府によって上知となる。

弘化2(1845)12月23日
末弟、小林雄七郎生まれる。

嘉永3(1850)
藩主の命により、江戸に遊学。はじめ、萩原緑野の門に学ぶ。

嘉永4(1851)
佐久間象山の門に入る(24歳)。蘭学を修め、羽倉簡堂、斎藤拙堂、勝海舟等と交流。松陰吉田寅次郎とともに象山門下の「二虎」と称せられる。佐久間象山、江戸の深川、木挽町に塾を開く。

嘉永6(1853)3月
佐久間象山が江戸の深川木挽町にいたころの炮術の門弟名簿「嘉永6年、癸丑3月、炮術門人人名簿」には小林虎三郎の名がみえる。ほかに川島鋭次郎の名もみえる。6月3日、ペリー来航。

安政元(1854)3月
下田開港に反対して神奈川開港を唱え、いれられず、長岡に帰る。1月12日、ペリー再度来日。

安政2(1855)
帰藩、謹慎を命じられる。

安政6(1859)春
「興学私議」を著わす。2月26日、父小林又兵衛死去。

文久3(1863)8月
佐久間象山、朝廷からの徴召の内意を伝えられたとき、一子、恪二郎の教育のことを虎三郎に依頼する。11月20日、長町の小林家から出火、全焼する。

元治元(1864)
佐久間象山、暗殺される。

慶応2(1866)
「藩兵制改革意見書」を出す。藩の兵制改革の意見書として採用される。

(慶応4)明治元(1868)
戊辰戦争で、長岡藩、新政府軍に敗北し、虎三郎藩主を追って会津から仙台に逃れる。12月末に小林虎三郎、三島億二郎宛の書簡で長岡再興の理念を披瀝。12月22日、長岡藩、罪を許され、牧野忠毅に2万4000石を朝廷から下付される。

明治2(1869)5月
藩庁として議政局をおき、虎三郎文武総督となる。「藩治職制」の立案にあたる。11月8日、牧野頼母、三島億二郎とともに、大参事となる(入札による)。2月26日、母久、死去。5月1日、国漢学校のはじまりとなる学校を四郎丸の昌福寺に開校。

明治2(1869)6月17日
長岡藩、版籍奉還。

明治2(1869)8月
長岡藩職制改革。

明治3(1870)5月
支藩三根山藩から贈られた100俵の救援米を、国漢学校が6月15日に坂之上27番地に開校した際の整備資金にあてる。

明治3(1870)10月
長岡藩大参事免官となる。

明治3(1870)11月
柏崎県庁から「学校並演武場掛り」を命じられる。春、弟、雄七郎、慶応義塾に入る。

明治4(1871)7月
柏崎県庁から病気療養を命じられる。このころ、「病翁」と改名する(7月17日許可)。8月、東京に出、土佐に旅をする。8月、国漢学校を柏崎県長岡分黌と改称。

明治5(1872)
土佐から東京に帰り、神田に住み、後、向島に移る。柏崎県長岡分黌を長岡町組学校と合併。11月23日、長岡洋学校開校。

明治6(1873)4月
『小学国史』12巻を出版。

明治7(1874)7月
『飜刊 徳国学校論略』を出版。8月、長岡町組学校と分離して、新潟県第三中学区、公立二十番小学阪之上校発足。

明治10(1877)7月
伊香保温泉に静養する。8月24日夕、東京、向島の弟、雄七郎の家で死去(50歳)。

この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いいたします。

       

Copyright © 2007 米百俵で未来を創った男-小林虎三郎. All rights reserved