小林虎三郎の生涯と人物像

小林虎三郎の生涯、略年譜、人間関係からその人物像を探ります。

小林虎三郎の生涯と人物像一覧

小林虎三郎の略年譜
小林虎三郎の略年譜です。
小林虎三郎の生涯
小林虎三郎の生涯を振り返ります。
小林虎三郎と河井継之助
河井継之助は、幕末期の長岡藩の家老を務めた人物で、小林虎三郎とは遠い親戚にあたる間柄です。お互いの資質を認めながらも、2人は政治思想の違いによって意見が対立していました。
小林虎三郎と佐久間象山
小林虎三郎は、嘉永4年(1851年)に、江戸の佐久間象山の塾に入ります。象山が唱えた「東洋の道徳」と「西洋の芸」についての考え方が、小林虎三郎の「学問にあっては道と芸が体と用として不可分一体である」という考えの元になっています。
小林虎三郎と吉田松陰
小林虎三郎と長州の吉田松陰は、江戸木挽町の佐久間象山の塾で同門でした。松陰は虎三郎の紹介によって象山に見え、入塾することになります。吉田松陰の名は寅次郎といい、虎三郎と同じ「とら」という字が入っていたため、この虎三郎と松陰は、象山門下の「二虎」と並び称されていました。
Copyright © 2007 米百俵で未来を創った男-小林虎三郎. All rights reserved