米百俵の精神


戊辰戦争によって、長岡は壊滅的な状況となっていましたが、文武総督でもあった小林虎三郎は、「学校創設による人材育成こそが敗戦国の復興にとって肝要である」との考えの下、長岡の四郎丸村にあった昌福寺の本堂を借りて、国漢学校の前身を発足させます。

その学校を、かつての藩校・崇徳館のような藩士の子弟だけの学校ではなく、農民や町民の子弟も入学できるように、広く開かれたものにするのには、大きな資金が必要でした。

その後、長岡藩の窮状を察した支藩の三根山藩から、米百俵が贈られました。

生活に困窮していた藩士たちは、その米が分け与えられることを望んでいましたが、虎三郎は藩士たちに向けて、「国が興るのも、街が栄えるのも、ことごとく人にある。食えないからこそ、学校を建て、人物を養成するのだ」と主張します。

結局藩士たちは、この虎三郎の気概に負けます。

米百俵を元手に書籍や器具を購入し、明治3年(1870年)に国漢学校が長岡の坂之上町に開校しました。
洋学局や医学局も設置されていました。

国漢学校は、虎三郎の「富強の本ただ人民の知識を開く外なし」という思想により、農民や町民の子弟も入学を許可されていました。

入学志願者は、町ならば町代の印、村ならば庄屋の印をもらって嘆願書を出し、四書五経の素読が終わっていれば、簡単に入学が許可されたので、最初から比較的多くの志願者がいたようです。

校舎は教室数が6つもあり、教師や教育内容も充実していました。

国漢学校は、後に新政府の学制に組み入れられ、阪之上小学校、長岡中学、洋学校、医学校などに分岐していきます。

ここから、山本五十六ら多くの優れた人材を輩出していきます。

小林虎三郎は、はるか遠くを見据えていたのです。

米百俵のエピソードは、山本有三の戯曲「米百俵」で有名になり、その後、平成13年(2001年)の所信演説で小泉元首相も「米百俵」を引用したことで、再び全国的に知れ渡りました。

この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いいたします。

       

Copyright © 2007 米百俵で未来を創った男-小林虎三郎. All rights reserved