小林虎三郎について

米百俵小林虎三郎は、戊辰戦争後の長岡藩大参事を務めた人物です。

戦争によって長岡は廃墟となりましたが、小林虎三郎の掲げた「教育こそ人材を育て、国やまちの繁栄の基となる」という教育第一の思想が、お見舞いとして贈られた米百俵を学校に替え、そこから山本五十六をはじめ多くの有為な人物を輩出しました。

目先の利益にとらわれることなく、ずっと先を見据えていた小林虎三郎の姿勢が、米百俵を何万倍もの価値にしたのです。

虎三郎の考えは、今も長岡に根付いています。まさに、米百俵で長岡の未来を創った人物と言えます。

米百俵について

戊辰戦争後、長岡藩は困窮していました。
そこへ支藩の三根山藩からお見舞いとして米百俵が届きました。
これを小林虎三郎は、「食えないからこそ、学校を建てて人材を育てるのだ」という信念を貫き、皆の反対を押し切って学校を建てました。
それが長岡の復興に繋がっていきました。
小泉元首相の所信表明演説でも取り上げられ、全国的に有名になりました。

小林虎三郎が米百俵を元手に創設した国漢学校跡地
[米百俵之碑(新潟県長岡市大手通2丁目)]

「米百俵で未来を創った男-小林虎三郎」が参考になったと思ったら「いいね!」お願いいたします。

   

Copyright © 2007 米百俵で未来を創った男-小林虎三郎. All rights reserved